知る

私たちは、

青玉の可能性気付いていない。

農家のため、りんごのため、
皆さんも「青玉」との
未来

一緒に創りませんか?

 

赤くて美味しいりんごとは別に分けられる、

おしりの青いりんご「青玉(あおだま)」。

 

いつもの林檎と同じ手間暇を掛けているのに、
近年の暖冬・豪雨・干ばつ・温暖化による自然環境の変化に伴い

糖度が低い「青玉」が多く実る。

そんな青玉は価値の低いものとされてきた。

おいしい林檎を提供したい多くの農家は、
みんなのように甘くなりきれない「青玉」を

ジャムやお菓子に変え、工夫を重ね、価値を与えてきた。

フルーツは甘ければ甘い方が良い。

だけど、

フルーツで甘くないものは

まずい” 二束三文での取引

終わらせていいのか

「青玉」は糖度が低い分、さっぱりとしている。

サラダに、手作りデザートに、

様々な工夫、楽しみ方がある

私たちは、青玉の可能性に気付いていない。

 

IMG_8298_edited.jpg
IMG_1057.PNG
IMG_0967 2.PNG
IMG_0967 2_edited.png